盗聴の音声を傍受して防ぐ方法

盗聴器が仕掛けられているかもしれないと思うと、心配で夜も眠れないし、一番安心できるはずの自宅が安心して過ごすことができない場所になってしまって、ストレスがたまり、精神的に疲弊したり、肉体的な不調につながることがあります。
そうなってしまう前に、盗聴器が仕掛けられていないか、盗聴の危険がないかを確かめたいと思ったら、盗聴と見破る方法について調べてください。
盗聴を見つける方法の基本として、まずは、盗聴をされていないか、盗聴音声が傍受できるかできないかを調べます。
しかし、この盗聴音声を傍受しようと思っても、その傍受には必要な道具や機材があります。ここでは盗聴を防ぐための方法について、機材などの紹介を併せて解説しようと思います。

一般の人が盗聴をする理由

探偵が調査の依頼を受けて業務に必要な時に盗聴する事がありますが、最近では一般の人が盗聴する事が増えてきています。中には巧妙な手口で盗聴する人も出てきていて危険性も高まってきています。そこでなぜ一般の人が盗聴をするのか理由を見ていく事にしましょう。
・気に入らないから危害を加えたい
一般の人で盗聴をする人は普通の人より根に持つ事が多いです。それで些細な事でも気に入らない事があったらすごく根に持ってしまい対象者の事を気に入らないと思ってしまいます。それで対象者に危害を加えたいという気持ちが強くなってしまいその一つの方法が盗聴になります。
・浮気の証拠を掴みたい
パートナーに浮気をしている疑いが出た時は精神的にかなり不安定になってしまいます。パートナーが浮気をしていないと言っても疑いが出た以上は浮気の証拠を掴みたいという気持ちが強くなってしまいます。スマホの履歴をチェックするだけで済む人もいますが、中にが盗聴までして確認してしまう人もいます。
・個人情報を盗む
片想いの気持ちが強くなってしまうと対象者の情報を詳しく知りたくなってしまいます。そんな時に盗聴をして個人情報を盗もうとする人もいます。ストーカーに近いような行動なので注意が必要です。

盗聴されないように予防しよう

プライバシーを守るためにも、盗聴を防止する方法を知っておきましょう。
盗聴を防ぐためには、知らない人をむやみに家の中に招き入れないことが重要です。たとえば、知り合ったばかりで相手のことをあまり知らない状態で招き入れてしまうと、相手の悪意に気が付くことができず、盗聴器を仕掛けられてしまうこともあるのです。
また、最近では営業マンや点検作業を装って、家に上がり込もうとする人間もいるため注意を行うようにしましょう。
さらに、家に多くの人が出入りしている家庭では、室内の状態を細かくチェックすることも重要になってきます。今まで使用していたコンセント部分に違和感を感じたり、知らないうちに置時計が置かれていたなど、購入した覚えがないものが置かれていた場合、盗聴器かもしれないという認識でチェックを行う必要が出てきます。今の機器は、盗聴器だと判別しにくいような精巧なものが多くなっているので、異変を感じることができる感性を磨いておくとよいでしょう。
普段から、これらの点に気を付けておけばプライバシーを守ることができますが、予防として防犯カメラを設置しておくと、不審な人物や行動を早めに認識することができ、生活を守れるようになります。

盗聴という犯罪行為をする理由

一昔前であればスパイ映画などの小道具として使われた盗聴器ですが、現在では発達した電子機器技術が無駄に高性能な盗聴器を安価に入手できる状況を作り出してしまっています。コンセントなどに収まるほど小型で高性能な盗聴器ならば、家庭電源から電力供給を受けられるので半永久的に作動し続けるので困りものです。
機器が安価になったことで一般の犯罪者でも簡単に入手してしまいます。結果として見つかっても構わない程度のお気楽な発想で犯罪に手を染める人間まで出てくる始末です。追求が自分のみにまで及ばなければ機材は捨てても良いと考えているのでしょう。犯罪行為に踏み出す者の気持ちなど知りたくもありませんが、見つかる危険性や必要な労力の少なさから盗聴器が使用される犯罪は少なくないようです。
他人のプライバシーを覗き見たいと言う安っぽい好奇心などから盗聴器をばら撒く人間もいますが、あきらかに犯罪行為なので絶対に許されることではありません。さらにそれを脅迫に使う卑劣な輩も存在しますが、そのような場合は一対一でまともに対応していては埒が明きません。早急に警察へ相談するべき案件です。言質をとるために機材を隠して録音するという場合もありますが、無理に誘導するなど状況経過によっては証拠能力が認められないこともあります。